m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“事故調”はWHOガイドライン準拠、日医が見解

“事故調”はWHOガイドライン準拠、日医が見解

「予期しなかった」の客観的定義も求める

2014年11月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は11月26日の定例記者会見で、2015年10月からスタートする医療事故調査制度に対する現時点での見解を公表、同制度の目的は再発防止にあり、「有害事象の報告・学習システムのためのWHOドラフトガイドライン」が求める、非懲罰性、秘匿性、独立性という三原則を遵守することが必要だとした(資料は、日医のホームページに掲載)。会見した日医副会長の松原謙二氏は、「本制度は、事故が起きてしまった時に、その事故がどのようにして起きたのかを正確に把握して、今後の医療に役立てるための仕組み」と説明、現場が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事