m3.com トップ>医療維新>医師調査|Doctor...>次のノーベル医学賞受賞「10年以内」が半数弱◆Vol.14

次のノーベル医学賞受賞「10年以内」が半数弱◆Vol.14

若い世代、期待がやや高い傾向

2014年11月28日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.14今後10年間で日本人のノーベル生理学・医学賞受賞者が出るかQ.14では、「今後10年間で日本人のノーベル生理学・医学賞受賞者が誕生するか」の予測を聞いた(有効回答数:526人)。過去10年では、京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥氏が、「成熟細胞の初期化と多能性発現」を理由に、同省を受賞している。「誕生する」との回答が45.2%を占めた。日本の基礎医学研究は世界的にも高い評価を受けてきた歴史があり、会員もある程度の信頼を置いていることを伺わせる結果となった。ただ、基礎研究を巡っては、近...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事