m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>“事故調”、核心部分、いまだ意見対立

“事故調”、核心部分、いまだ意見対立

西澤班と医法協の案を基に「検討事項」を整理

2014年11月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第2回会議が11月26日に開催され、医療事故の定義から、医療事故調査・支援センターの業務に至るまで、制度全般にわたる「医療事故調査制度の検討事項」について議論した(資料は、厚労省のホームページに掲載)。山本座長は、「かなりの部分で、なお意見の隔たりがある」「核心的な部分で意見の相違がある」と議論を総括、次回会議で、意見対立点について集中的に議論するとした。検討会の構成員の間で、意見に相違があるのは...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事