m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>「医療は経済成長を阻害」、次世代の党の公約に

「医療は経済成長を阻害」、次世代の党の公約に

民主含め主要三党、成長産業化の方針は共通

2014年11月27日 池田宏之(m3.com編集部)


衆議院の解散に伴う12月投開票の衆院議員総選挙に向けて、主な野党の政策が出揃った。解散前の衆議院に10以上の議席のあった民主党、維新の党、次世代の党の3つの主要野党の医療関連の政策を見ると、医療はいずれも「成長戦略」の文脈に位置付けられている。民主党の公約では「医療崩壊の危機」と指摘し、医療への理解を示した。その一方、維新の党と次世代の党の公約では「医療は経済成長を阻害してきた岩盤規制」「診療報酬を市場に委ねる」などとの言葉もあり、医療に向けられた目は自民党よりも厳しい。「増税分の半分しか充当な...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事