m3.com トップ>医療維新>レポート|エボラ出血熱...>「日本の感染症対応は金太郎あめ」、青木真氏

「日本の感染症対応は金太郎あめ」、青木真氏

疫学重視の対応を求める、企業セミナーで

2014年11月28日 池田宏之(m3.com編集部)


米国感染症専門医で日本におけるエイズ診療のパイオニアとして知られる医師、青木真氏が11月28日、企業主催のセミナーで「日本の感染症の風景」と題して講演し、エボラ出血熱を引き合いに、日本における新型の感染症への対応を「金太郎あめ」として進歩がない点を批判し、疫学を重視した対応の重要性を説いた。セミナー主催は、サクラ精機。青木真氏は、エボラ出血熱の対応について、現地の支援に力を入れるべきとの考えを示した。青木氏は、日本の感染症へ対応について、エイズやSARS、鳥インフルエンザなどの新型の感染症が世界...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事