m3.com トップ>医療維新>レポート>「柔整に公的資源使うべきでない」、学会シンポ

「柔整に公的資源使うべきでない」、学会シンポ

業務範囲「根拠ない」、受領委任払いの中止求める声

2014年12月1日 池田宏之(m3.com編集部)


日本臨床整形外科学会のシンポジウムが11月30日に都内で開かれた。出席者からは、柔道整復師の学校団体への問い合わせの結果、柔整師の主張する業務範囲への疑義を示し、「根拠がないものに、公的医療資源を使うべきでない」と、年間4000億円を超える柔整療養費への疑問が出た。加えて、患者の代わりに柔整師が療養費の申請を行え、不正請求事例の原因ともなっている「受領委任払い」の制度の適用を止めるように求める意見が出た。データ示さない柔整師関連協会柔道整復師を巡って問題となっている点を調査して発表したのが、福岡...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

ダヴィンチ手術「保険診療増えるのは大きい」 2018/1/19

2018年度医学部入試、センター試験速報! 2018/1/18

終末期医療GLを年度内にも改訂へ、厚労省がたたき台を公表 2018/1/17

加藤厚労相「2025年見据え医療体制構築を」 2018/1/15

「日本公的病院精神科協会」設立へ 2018/1/12

「骨太2018で激しい議論」横倉・日医会長が年頭会見 2018/1/10

常勤医師1人の紹介手数料、単価平均「337万円」、日医総研レポート 2018/1/10

看護職確保、200床未満病院が最も厳しく、日医総研レポート 2018/1/9

2017地方紙ニュース年間ランキング 2018/1/4

調剤技術料「全て院内」で1兆7000億円減、日医総研レポート 2018/1/2

「Heals」設立、医療者個人を責めない「公正な文化」を 2017/12/25

HPVワクチンのリーフレット、「ファクト」追加し改訂 2017/12/22

厚労省予算案、働き方改革3200億円 2017/12/22

適時調査件数が3割増、保険医療機関の指導・監査 2017/12/21

医師偏在対策、「1歩進んで2歩下がった」 2017/12/21

横倉・日医会長、「改定率は60点、希望は0.76-0.78%だった」 2017/12/21

四病協、専攻医数調整の数値公表求め意見書提出へ 2017/12/20

相澤日病会長、改定率0.55%は「100点満点で50点」 2017/12/19

「ジョン・マドックス賞」受賞、村中医師が厚労省で会見 2017/12/18

地域医療支援病院、果たして必要か、議論本格化 2017/12/16