m3.com トップ>医療維新>医師調査|2014年の...>「医療界の環境悪化」が増加、4割超◆Vol.1

「医療界の環境悪化」が増加、4割超◆Vol.1

消費税アップの補填不足、削減圧力影響か

2014年12月11日 池田宏之(m3.com編集部)


2014年は、診療報酬改定、904億円の新基金の創設、病床機能報告制度の開始のほか、2025年度の医療提供体制構築に向けた検討が具体化した。理化学研究所のSTAP細胞を巡る問題やエボラ出血熱の話題をはじめ、医療関連のニュースも、連日マスコミをにぎわせ、12月中旬には、消費税率の10%への引き上げ延期について、国民の信を問う衆院議員総選挙が予定されていて、最後まで落ち着かない年となりそうだ。m3.comでは2014年を振り返り、2015年への展望をうかがうため、『アンケート:2014年の医療界』を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事