m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>医師への懲罰、回避できるかが最大の焦点

医師への懲罰、回避できるかが最大の焦点

「事故報告書を端緒に警察捜査は4%」とのデータも

2014年12月12日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第3回会議が12月11日に開催され、過去2回の会議で特に意見の相違があった点について議論したが、意見が一致した点は少なく、かえって構成員間の意見の対立が鮮明になった(資料は、厚労省のホームページに掲載)。医療事故調査・支援センターに報告する医療事故の定義についても意見が大きく分かれているが、そもそも11日の会議では「時間がかかるため」(山本座長)取り上げられず、1月に開催予定の第4回会議に積み残し...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事