m3.com トップ>医療維新>レポート|衆院議員総選...>厚労政務三役、3人が全員当選

厚労政務三役、3人が全員当選

細川元厚労相は落選、民主の苦戦目立つ

2014年12月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


与党圧勝で終わった中、第47回衆院選の厚生労働省の政務三役経験者の当落を見ると、解散前の三役は、厚労相の塩崎恭久氏をはじめ、3人とも全員当選した。安倍晋三首相は12月24日発足予定の第3次安倍内閣で、閣僚を全員続投させる意向を示しており、医療を含む社会保障制度改革は従来路線が維持される見通しだ。解散前の三役5人のうち、衆院議員は塩崎氏(愛媛1区)、副大臣の永岡桂子氏(茨城7区)、政務官の橋本岳氏(岡山4区)の3人だった。塩崎氏と橋本氏は小選挙区で当選、永岡氏は小選挙区では次点に終わったものの、比...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事