m3.com トップ>医療維新>レポート>エボラ対応に見る米国地域医療の脆弱さ

エボラ対応に見る米国地域医療の脆弱さ

「現場からの医療改革推進協議会」第9回シンポ

2014年12月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


12月14日に東京都内で開催された、「現場からの医療改革推進協議会」の第9回シンポジウムで、米国テキサス州のベイラー大学病院ベイラー研究所膵島移植部門の助教を務める瀧田盛仁氏は、「エボラウイルス2次感染で浮き彫りになった米国地域医療の課題―テキサス州ダラスでの事例から―」と題して講演した。米国内でエボラ出血熱の感染が初めて確認された患者を診察したのは、テキサス州ダラスの中核病院の一つ、TexasHealthPresbyterianDallas。ジョージ・ブッシュ前大統領も心臓手術を受けた病院だ。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

消費税問題「診療報酬での手当限界、無理」 2018/5/25

偏在や働き方改革などで要望、全自病 2018/5/25

医療費削減だけが目的にあらず、厚労省データヘルス改革 2018/5/25

兵庫医科大、iSC細胞の松山氏らが最終講義◆Vol.2 2018/5/25

消費税問題など概算要求に関し要望、四病協 2018/5/23

医学生がダビンチ体験、「将来は主流に」 2018/5/22

外科系医師、「手当」充実で着実に確保、山形大 2018/5/18

NCの在り方、連携や棲み分け強調 2018/5/11

「整骨院」はいいのか?柔整、あはきの広告規制の検討会開始 2018/5/11

医学部定員、2020、21年度分「速やかに示して」 2018/5/10

「条件付き」「先駆け」審査の制度化を要望、日薬連 2018/5/9

「医療広告ガイドライン」、6月1日から施行へ 2018/5/9

兵庫医科大、主任教授・佐野氏らが最終講義◆Vol.1 2018/5/6

医学生の医行為、27年ぶりに改訂へ、パブコメ経て決定 2018/4/25

「医師少数区域」勤務、「働き方改革にも逆行」とけん制 2018/4/25

柔整「施術内容の本人確認」を2019年度中実施に向け検討 2018/4/24

倉敷中央病院、38人の専攻医集めるも「不安」残る 2018/4/23

「医師少数区域」勤務に「経済的インセンティブ」検討 2018/4/20

「『医師会の大義』の共有を」、日医・将来ビジョン委 2018/4/19

消費税「補填不足は病院で明白」、日病協 2018/4/17