m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「事故報告書の4%が捜査の端緒」、容認できるか

「事故報告書の4%が捜査の端緒」、容認できるか

「現場からの医療改革推進協議会」第9回シンポ

2014年12月16日 橋本佳子(m3.com編集長)


「現場からの医療改革推進協議会」の第9回シンポジウムが12月13日、東京都内で開催され、「医療事故調査制度」のセッションで、弁護士の井上清成氏は、院内医療事故調査報告書がまとめられた事例の4%が警察介入の契機となったという研究を引用し、「医療事故調査制度では、年間2000件から2500件の報告があると想定されており、うち4%であれば、年80件から100件について警察の捜査が行われることになる。これは医療現場として到底容認できるものではない」と語気を強め、あくまで責任追及を切り離した、医療安全のた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事