m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>補償対象の4.5%、訴訟等に発展

補償対象の4.5%、訴訟等に発展

ほぼ全例が「3000万円の補償を超える賠償」

2014年12月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の運営委員会(委員長:小林廉毅・東京大学大学院医学系研究科教授)が12月18日開催され、2014年11月末までに補償対象となった1106件のうち、損害賠償請求に発展したのは50件(4.5%)に上ることが明らかになった。前年同期では6.0%で、1.5ポイント低下したものの、本制度による補償後もなお、訴訟等に発展する事案があることが分かる。50件は、産科医療補償制度の運営組織である、日本医療機能評価機構が把握している数。内訳は、訴訟提起事案が31件(うち解決済み10件)、訴訟外の賠償...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事