m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研、小保方氏処分できない状態に、退職容認

理研、小保方氏処分できない状態に、退職容認

STAP細胞確認できず、実験打ち切り

2014年12月20日 池田宏之(m3.com編集部)


STAP細胞の論文の問題を巡り、理化学研究所は12月19日に会見を開き、論文の著者である小保方晴子氏が実験を行っても、「STAP現象は確認できなかった」とする検証結果を公表した(資料は、理研のホームページに掲載)。理研の検証実験チームのリーダーの相澤慎一氏は、小保方氏の実験では、48回の酸処理実験に取り組み、一部、多能性の示す遺伝子細胞が陽性を示したものの、論文に示された数から1ケタ少ない細胞数しか確認されず、キメラ形成もできなかった点を明らかにした。今回、多能性を持つリプログラミングが確認でき...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事