m3.com トップ>医療維新>医師調査|2014年の...>厚労行政への期待度、低下傾向、31.5%◆Vol.7

厚労行政への期待度、低下傾向、31.5%◆Vol.7

政策へのプレゼンス低下も一因か

2014年12月29日 池田宏之(m3.com編集部)


Q.7厚労行政への期待度Q.7では、2015年の厚労行政への期待度を聞いた。「期待している」「ある程度期待している」の合計が31.5%となり、2013年の調査と比較して、3.5ポイント減った(2013年の結果は、『厚労行政に期待は35%◆Vol.6』を参照)。勤務医では37.1%で0.1ポイント増、開業医では26.0%で2.6ポイント減った。2014年度の診療報酬が実質マイナス改定となったことが、経営者の立場にある開業医にとっては、印象が強く、期待度の低下につながった可能性がある。勤務医にとって...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事