m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>若山、故・笹井両氏にも責任、理研不正調査

若山、故・笹井両氏にも責任、理研不正調査

STAP細胞は「ES細胞混入」、事実上存在否定

2014年12月27日 池田宏之(m3.com編集部)


STAP細胞を巡る研究不正を巡って、理化学研究所の第三者から成る不正調査委員会は12月26日、残されている試料を解析したところ、全てES細胞由来であった点を明かし、「ES細胞の混入が示され、論文の主たる主張が否定された」との結果を示した(資料は、理研のホームページに掲載)。論文の筆頭著者で、旧理研発生・再生科学総合研究センターのユニットリーダーの小保方晴子氏による、Nature誌に掲載された論文の図表の2点の捏造も新たに認定。委員長を務めた桂勲氏(国立遺伝学研究所所長)は、「論文に掲載された細胞...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事