m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>事故調査、「個人の責任を追及せず」

事故調査、「個人の責任を追及せず」

厚労省通知で明記へ、過誤の判断も求めず(2015/01/15 訂正)

2015年1月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第4回会議が1月14日に開催され、第三者機関である医療事故調査・支援センターに報告する「医療事故の定義」と、「医療機関が行う調査」という二つの論点について議論、一部を除いておおむね了承が得られた(資料は、厚労省のホームページに掲載)。厚生労働大臣政務官の橋本岳氏が、2時間強にわたった会議の最初から最後まで出席。厚労省は、報告対象となる医療事故の定義について、「医療に起因する、または起因すると疑われ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事