m3.com トップ>医療維新>オピニオン>新専門医制度、内科には不利に働く懸念

新専門医制度、内科には不利に働く懸念

研修病院では認定施設への“あせり”も

2015年1月17日 森田麻里子(仙台厚生病院麻酔科)


2017年度から始まる新内科専門医制度について、昨年末に内科学会から研修カリキュラム案が公開されるなど、徐々に概要が明らかになっている。これまでは初期研修を終えた後、1年の研修で内科認定医を取得し、その後、約4年で各サブスペシャリティの専門医資格を得るのが一般的であった。しかし、新制度では初期研修終了後3年の研修で内科専門医を取得し、さらに研修を積んでサブスペシャリティの専門医資格を得ることになる。各専門医の位置づけを明確にする意義は理解できるが、その結果、専門医制度に歪みが生じるのも確かだ。例...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。