m3.com トップ>医療維新>医師調査|2014年の...>地域包括ケアは遂行できるか、2015年度の注目出来事◆Vol.12

地域包括ケアは遂行できるか、2015年度の注目出来事◆Vol.12

エボラ出血熱やiPS細胞を挙げる声も複数

2015年1月19日 池田宏之(m3.com編集部)


Q12では、2015年の医療界で社会の注目を集めそうな出来事、あるいは注目している医療界の動きなどについて、任意で内容と理由を聞いた。他の質問と同様、iPS細胞を含めた再生医療研究への注目度は高いほか、地域包括ケアシステムや、エボラ出血熱などの感染症対策、研究不正への対応についても、複数の意見が寄せられた。主な回答は以下の通り。【医療提供体制改革】・地域包括ケアシステムの音頭取りを、果たして行政のどの分野の責任者が遂行し得るのか?・地域包括ケアシステム。医療と介護をどう結ぶのか、厚生労働省のプラ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事