m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「医療過誤の呪縛から解放を」事故調シンポ

「医療過誤の呪縛から解放を」事故調シンポ

医療安全に資する制度求め、医師・弁護士ら企画

2015年1月19日 橋本佳子(m3.com編集長)


医療事故調査制度に関心を持つ医師と弁護士の有志6人よるシンポジウム「国民・患者のための医療事故調査制度へ向けて、より安全な医療を築くために必要なこと」が1月18日、東京都内で開催され、弁護士の井上清成氏は、今年10月からスタートする同制度について、「責任追及型でも、責任免責型でもない。いずれとも関係しない医療安全のための仕組みの構築」と説明、「医療過誤水準の呪縛」を解き放ち、真に医療安全に資する設計を目指す必要性を強調した。弁護士の井上清成氏。シンポジスト6人のうち、4人は、厚生労働省の「医療事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事