m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大野病院事件...>福島の産婦人科医数、「いまだボトム」◆Vol.16

福島の産婦人科医数、「いまだボトム」◆Vol.16

刑事免責で法的リスク回避が必要

2015年2月9日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら――大野病院事件以降、「検察は謙抑的になった」との指摘もあります。安福でも、どこかで蘇ってくる可能性があると思っている。だから、刑事免責にして、医療事故を徹底的に検証できる体制を作る必要がある。その方が医療者だけでなく、遺族にとっても、それ以上の情報が得られないものが得られるという意味で、大事なことなんですよね。――今回の裁判を通じて、明らかになったことは何なのでしょうか。安福いつも私は言っていますが、「刑事裁判で真実が明らかになることはない」...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事