m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|大野病院事件...>「法は不可能を強いてはいけない」◆Vol.17

「法は不可能を強いてはいけない」◆Vol.17

医療事故の警察の介入、いまだ続く

2015年2月11日 司会・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


※大野病院事件スペシャル対談のバックナンバーはこちら安福一番私が懸念しているのは、刑事責任の追及。その辺りは現場の方々はどうお考えですか。加藤「萎縮してしまうよね」という話は、ありますよね。「法は不可能を強いてはいけない」というのが、安福謙二氏の持論だ。安福福島はやはり大野病院事件のイメージが、誰にでも残っていることもあって、「刑事責任追及への懸念が、他の地域と比べてどうしても高い」といったことは、あり得ますか。加藤周りから見れば、あると思います。実際は、「ない」と信じたいですが。ただ、僕の無罪...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事