m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>阪大の浜田博司氏、新CDBセンター長に内定

阪大の浜田博司氏、新CDBセンター長に内定

野依氏「社会の研究に応える運営を」

2015年1月30日 池田宏之(m3.com編集部)


理化学研究所は1月29日、STAP細胞の論文を巡る問題で組織改編した、多細胞システム形成研究センター(CDB)のセンター長に、現大阪大学大学院教授の浜田博司氏が内定したと発表した(プレスリリースは、理研のホームページに掲載)。就任は4月1日付。理事長の野依良治氏は、「経験を生かし、社会の研究に応えるセンター運営がなされるものと確信している」とのコメントを出した。理研の広報は、選考の過程などについて「コメントできない」としている。浜田氏は岡山大学大学院を卒業後、米国立衛生研究所(NIH)などで研究...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事