m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「事故調査で医師自殺」を回避せよ、大磯教授が提言

「事故調査で医師自殺」を回避せよ、大磯教授が提言

ミランダ・ルールの医療への適用、人権保護が大前提

2015年2月7日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」の第5回会議が2月5日に開催され、医療機関による事故調査報告書を遺族に渡すか、口頭での説明で対応するか、事故調査の報告書には再発防止策を記載するかなどの点で、検討会の議論の最終局面でもなお、構成員の間で意見の相違があることが浮き彫りになった(資料は、厚労省のホームページに掲載)。会議の最後に山本座長は、「できれば次回、取りまとめに向けた議論ができればと思っている」と締めくくったものの、次回2月25日に意見集約が図ることができるか、なお流動的だ。意...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事