m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研、小保方氏の刑事告訴を検討

理研、小保方氏の刑事告訴を検討

「懲戒解雇相当」、全容解明は不透明

2015年2月11日 池田宏之(m3.com編集部)


STAP細胞を巡る論文不正の問題で、理化学研究所は2月10日、論文の筆頭著者の小保方晴子氏(元理研発生・再生科学総合研究センター(CDB)ユニットリーダー)について、「懲戒解雇相当」とする処分結果を発表した。昨年末に、小保方氏の自主退職を認めており、理研は実質的な処分ができなかった(『理研、小保方氏処分できない状態に、退職容認』を参照)。他の共著者らも処分した上で、理研は、小保方氏も含めて、窃盗罪や、虚偽や他人の錯誤を利用して業務を妨害する偽計業務妨害罪を視野に入れて、2カ月後をめどに刑事告訴を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事