m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修制度...>「カンファ参加」のみで経験疾患とする例も

「カンファ参加」のみで経験疾患とする例も

臨床研修の「到達目標」の曖昧さ、調査で明らかに

2015年2月17日 成相通子(m3.com編集部)


厚生労働省の医道審議会医師分科会医師臨床研修部会の「第2回医師臨床研修制度の到達目標・評価の在り方に関するワーキンググループ」が2月13日開催され、到達目標に関する研究の中間報告が公表された。研修医や指導医を対象に行った実態調査では「到達項目が多すぎる」といった批判的な意見が多かったほか、経験目標で特定の疾患を「経験済み」とする基準について、受け持ち医として担当した場合だけでなく、カンファレンスでディスカッションに参加した場合も含める研修医がいるなど、達成目標の基準が曖昧で医師によって評価方法が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事