m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「冤罪の教訓から学べ」、政務官と日医会長に要望

「冤罪の教訓から学べ」、政務官と日医会長に要望

2人の元刑事被告人、「2つの義務化」に反対

2015年2月24日 橋本佳子(m3.com編集長)


福島県立大野病院事件と東京女子医大事件で業務上過失致死罪に問われたものの無罪になった医師、加藤克彦氏と佐藤一樹氏が2月24日、厚生労働大臣政務官の橋本岳氏に、今年10月からスタートする医療事故調査制度について、院内調査報告書の遺族への交付義務化と、院内および第三者機関による調査報告書への再発防止策の記載義務化に反対する旨の要望書を提出した。同様の要望書は同日、日本医師会会長の横倉義武氏にも提出している。要望書は2人の連名で、現在の所属先のほか、「元刑事被告人」の肩書を付けている。厚生労働大臣政務...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事