m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「激論、4時間強」、“事故調”結論出ず

「激論、4時間強」、“事故調”結論出ず

厚労省検討会、遺族への報告書交付で対立

2015年2月26日 橋本佳子(m3.com編集長)


厚生労働省の「医療事故調査制度の施行に係る検討会」(座長:山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授)の第6回会議が2月25日に開催されたが、異例と言える4時間強にわたる議論でも、取りまとめには至らなかった。座長の山本和彦・一橋大学大学院法学研究科教授。議論の取りまとめの方法でも二転三転し、座長一任は流れた。最も意見が分かれているのは、医療機関が行った院内調査の報告書の取り扱い。遺族への交付義務化、あるいは遺族の希望に応じて交付する旨を記載するかどうかだ(『「事故調査で医師自殺」を回避せよ、大磯教授...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事