m3.com トップ>医療維新>レポート|医療機関の消...>消費増税、全病院で344億円の負担増

消費増税、全病院で344億円の負担増

「診療報酬による補填は限界」日本病院団体協議会

2015年3月2日 高橋直純(m3.com編集部)


四病院団体協議会と日本病院団体協議会は2月27日、消費税率8%への引き上げに伴う、病院における補填率の調査結果の最終報告案を公表した。補填率は、100%未満が6割を超え、多くの病院が税率引き上げで負担が拡大していることが明らかになった。今回の調査結果を基に、全国8540病院の消費増税による不足総額は、約344億円に達するという推計結果も公表した。一方で、補填率が「100%以上」も3割以上で、病院間の格差は大きい。会見に参加した日本社会医療法人協議会副会長の伊藤伸一氏は「診療報酬で、消費増税部分を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

医療機関の消費税問題に関する記事(一覧

控除対象外消費税への対応、「医療界として一本化」今村日医副会長 2016/3/24

10%引上時に解決を要望、消費税問題で日医 2015/8/27

2014年改定の補填状況を調査、消費税分科会 2015/8/8

「消費税“見える化”、難しい」、日病の堺会長 2015/7/22

13項目で消費税影響調査へ、日医検討会 2015/6/30

「経営努力しても赤字」に怒り、国立大学病院 2015/6/23

報酬、過大なひきはがしの懸念も、消費税問題 2015/6/11

消費税補填「消失してない」、厚労省、過去分認識 2015/5/22

国立大学病院「不平等」と不満、消費税問題(2015年4月27日訂正) 2015/4/25

財務省が四病協の調査を評価、消費税問題 2015/4/21

消費税補填率は約7割、私立医科大病院 2015/3/30

日医と財務省の認識に隔たり、控除対象外消費税 2015/3/20

消費税問題、財務省が日医検討会に参加 2015/3/12

消費増税、全病院で344億円の負担増 2015/3/2

「1億円以上」が8大学、消費増税による持ち出し 2015/1/24

消費税負担「見える化」へ、2015年度税制改正 2015/1/8

6割の病院、消費税補填されず、8%引き上げで 2014/10/28

「来年10月の解決難しい」、消費税問題で自民・野田氏 2014/10/15

消費税対応「まだ入り口」、日病堺会長 2014/9/30

課税転換要望、不変も「一本化」強調、四病協 2014/9/24