m3.com トップ>医療維新>レポート|ここがおかし...>「大学、診療の役割増すべき」は半数以下◆Vol.11

「大学、診療の役割増すべき」は半数以下◆Vol.11

「教育」「診療」「研究」、従来の評価は高く

2015年3月8日 池田宏之(m3.com編集部)


Q12大学医学部や大学病院が、果たしている役割大学医学部や大学病院は、「教育」「診療」「研究」の3つの役割を担っている。Q12では、病院医師限定で、それぞれについて、果たしている役割や、今後の在り方について聞いた(回答数:246人)。現状で果たしている役割の中で、「重要」「ある程度重要」を足した割合が最も大きかったのは「教育」で92.3%に上った。教育については、各県に最低1つは設置されている医学部や医科大学の果たしてきた役割への評価は高いことが伺える。「診療」も90.2%、「研究」も84.2%...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事