m3.com トップ>医療維新>レポート|群馬大学腹腔...>「調査不十分、悪質な医療過誤」群大被害者弁護団

「調査不十分、悪質な医療過誤」群大被害者弁護団

執刀医の稚拙さ指摘、刑事告訴も視野に

2015年3月7日 高橋直純(m3.com編集部)


群馬大学医学部附属病院で腹腔鏡による肝臓手術を受けた患者の死亡が続いた問題で、弁護士で作る群馬大学病院肝臓手術被害対策弁護団(安東宏三団長)が3月6日に会見し、弁護団が独自に行っている調査の中間報告を公表した。3月3日には病院側が最終報告書を公表したが、弁護団は「群大病院の最終報告書は執刀医、診療科長、遺族からの聞き取りが不十分など見直しが必要。調査を継続すべきだ」と主張した(『死亡全8症例「過失あり」、群大最終報告』を参照)。弁護団が術中ビデオの検証を依頼した外科専門医が「執刀医、助手とも稚拙...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

群馬大学腹腔鏡死亡事故に関する記事(一覧

遺族ら医師の行政処分要望「反省せず自己保身に終始」群大腹腔鏡事故 2017/9/8

群大「肝胆膵外科死亡率が激減」改革状況を報告、報告書から1年 2017/9/1

群大病院の改革続く、「病院長の突然訪問」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.4 2017/6/14

解雇処分、「報告書で処分理由を追加」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.3 2017/6/9

「『適格性疑われる』も致し方ない」-田村遵一・群大病院病院長に聞く◆Vol.2 2017/6/4

会見直前、突然の新聞報道、群大腹腔鏡事故-田村遵一・群大病院長に聞く◆Vol.1 2017/5/29

群大改革「萎縮するも、エネルギーためている段階」、学長特別補佐 2017/5/2

群大、オール群馬での医師派遣の仕組みを検討 2017/4/1

群大、不正請求で病院と医師3人に行政措置 2017/3/31

「ミスをした人を罰する」、エラー防止の最大の障害 2016/11/20

「唯我独尊だったと反省」、群大病院が改革状況を報告 2016/11/2

「隠さない、逃げない、ごまかさない」-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.6 2016/10/4

「報告書で遺族の納得は得られると思う」-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.5 2016/9/22

群馬大外科医や教授らの処分、想定せず-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.4 2016/9/16

外部調査報告書、群大は一切関与せず-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.3 2016/9/12

「なぜ」事故が問題視されていなかったのか?-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.... 2016/9/9

“名大事件”が群大事故調査の手本-上田裕一・群大“事故調”委員長に聞く◆Vol.1 2016/9/6

群大、内科と外科「大講座制へ」 2016/8/3

遺族「ここまで来たのは、弁護士と報道のおかげ」 2016/8/3

「適格性疑われる医師のチェック機構、働かず」 2016/8/2