m3.com トップ>医療維新>レポート|混迷する”医...>「刑事事件は激減する」、根拠なし

「刑事事件は激減する」、根拠なし

全医連の事故調シンポ、「非懲罰性」「秘匿性」厳守を

2015年3月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


全医連代表理事の中島恒夫氏。全国の勤務医で組織する全国医師連盟(代表理事:中島恒夫氏)は、3月8日に第4回「医療事故調シンポジウム」を都内で開催し、「医療事故調査と刑事捜査に対する緊急声明」を公表した。今年10月から、医療事故調査制度が開始されてもなお、「事故調査と刑事司法の関係性は全く改善されていない」と指摘、医療者は、院内および第三者機関が、医事紛争を可能な限り避けられるような事故調査報告書を作成し得る能力と見識を有し、信頼に値するか否かを見極めた上で、調査への協力・非協力を判断する必要があ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事