m3.com トップ>医療維新>医師調査|ここがおかし...>「大学の診療レベル低い」「人員増が理想」◆Vol.12

「大学の診療レベル低い」「人員増が理想」◆Vol.12

教育、診療、研究に多様な意見、大学の問題点

2015年3月11日 池田宏之(m3.com編集部)


Q12Aでは、病院医師を対象に、現状の医学部や大学病院の問題点や今後の役割について、自由回答で寄せてもらった。大学病院における診療の制限のアイデアや、論文数で業績を評価する点への不満など、多様な意見が寄せられた。主な意見を紹介する。【教育】・本来は臨床が最終目的であるが、教育による質の向上や研究の素地を育てる努力をするべきである。・大学病院が,教育,診療,研究の3つを同時進行するのが問題で、教育に特化するべき。なおざりの教育ではなくプロフェッシナリズムが必要。また、留年率を下げる必要がある。・学...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事