m3.com トップ>医療維新>レポート|規制改革会議>面分業の否定意見や「病院内薬局」容認論も

面分業の否定意見や「病院内薬局」容認論も

規制改革会議、医薬分業で公開ディスカッション

2015年3月13日 高橋直純(m3.com編集部)


政府の規制改革会議(議長:岡素之・住友商事株式会社相談役)が主催する公開ディスカッションが3月12日に開催され、地域から広く処方せんを受け入れる薬局の整備を目指す「面分業」に対し、否定的な見方が出たり、「病院内薬局」を認めるべきとの意見が出るなど、医薬分業の根本を揺るがす意見が相次いだ。公開ディスカッションのテーマは、「医薬分業における規制の見直し」。(1)「面分業」、つまり医療機関と薬局を距離的(構造的)に分離する規制の是非、(2)院外処方の方によるコストアップが見合ったメリットを提供している...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事