m3.com トップ>医療維新>医師調査|ここがおかし...>レセ査定理由の公開求める声が7割弱◆Vol.17

レセ査定理由の公開求める声が7割弱◆Vol.17

査定員や地域による差の指摘も、理不尽な審査への対応策

2015年3月23日 池田宏之(m3.com編集部)


Q14レセプト請求・査定をめぐる諸問題を解消するために、有用な方法Q14では、診療所の医師に対して、「理不尽なレセプト査定」や「萎縮診療」をはじめ、レセプト請求・査定をめぐる諸問題を解消するために、有用な方法を複数選択可能な方式で聞いた(回答数:256人)。最も多かったのは、「査定理由の明確化、査定情報の公開」で68.4%。査定においては、返戻の理由が明確でないことが、医師の不満として大きいことが伺える。ただ、制度設計として、都道府県ごとの地域差が大きいことや、審査主体が2つあるなど、さまざまな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事