m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>STAP問題、最大責任は「現場の研究者」と野依理事長

STAP問題、最大責任は「現場の研究者」と野依理事長

理研会見、「論文は虚構」と陳謝も

2015年3月24日 成相通子(m3.com編集部)


組織としての対応に問題はあったとしつつ、現場の研究者の責任を強調した野依理事長。STAP細胞の論文不正をめぐる問題で、理化学研究所理事長の野依良治氏が3月23日、昨年8月以来、約7カ月ぶりに記者会見し、一連の問題の最大の責任は「現場の研究者にある」との見解を示し、研究チームの在り方を問題視し、共著者間の相互チェックの欠如が問題を引き起こしたと強調した。野依氏は、STAP論文発表からこれまでの対応を振り、批判が多い理研の事後対応については「その都度、適切な対応だった」とした上で、「若干の瑕疵」もあ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事