m3.com トップ>医療維新>オピニオン>第14回ザンクトガレン乳癌学会議の印象

第14回ザンクトガレン乳癌学会議の印象

エビデンスが日常診療へ

2015年3月26日 渡辺亨(浜松オンコロジーセンター院長)


ザンクトガレン2015では、何かが大きくかわった、ということはありませんが、ざっくりとまとめるとだいたいこんな感じでしょうか。各領域で蓄積されたエビデンスが「readyforprimetime」つまり、日常診療に着実に反映される準備ができました、という感じを強く受けました。しかし、一方で、「アナトミーからバイオロジーへ」という基本潮流は強く、確実に流れ続いており、やがて、近いうちに起きるであろう大きな変革が見えてきている、とも言えるでしょう。免疫染色でホルモン受容体、HER2タンパク、Ki67を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「日本では数十年遅れている」呼吸器中止の議論 2020/11/23

医療自殺ほう助は「ハワイでも時期尚早、日本は問題外」 2020/11/22

国民安心病院や生活治療センターで受け入れ態勢充実 2020/6/15

ドライブスルー型PCR検査、若手医師の発案で誕生 2020/6/14

救急クリニックの医業収入「かなり減った」、安倍首相の功績? 2020/4/15

「仲間がいるっていいな」 2020/4/12

ニューヨークの医療現場は崩壊寸前の状態 2020/4/4

新型コロナウイルス(COVID-19)の流行はいつまで続くのか? 2020/3/29

COVID-19も「ただの風邪」と認識される日が来るのか 2020/3/3

[中国吉林省のある医師の日記]発熱外来でCOVID-19疑い患者を診た 2020/2/22

ハンガリーの医学部進学、本当に最善の選択か? 2019/12/29

「国際潮流と日本のメンタルヘルス政策」聴講記 2019/12/28

「中村先生の訃報、魂を失うような感じを覚えた」 2019/12/8

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.2 2019/11/20

医療系学生による高校生向け出張授業「医療者を目指す君たちへ」◆Vol.1 2019/11/20

問題は「透析中止」にあらず、マスコミ報道に違和感 2019/3/10

“ウザい指導医”になってないか心配じゃないですか? 2019/1/27

病院勤務医の一般外来診療をやめるべし 2019/1/6

公開中止の映画『MMRワクチン告発』の「一度限りの上映会」 2018/11/23

2018年ジョン・マドックス賞受賞者は「元ナチュロパシー医」 2018/11/19