m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>合格率低下に歯止め、2015年薬剤師国試

合格率低下に歯止め、2015年薬剤師国試

依然として大きい大学間格差、20%台の大学も

2015年3月28日 高橋直純(m3.com編集部)


第100回薬剤師国家試験の結果が3月27日発表され、合格率は63.17%で、前回より2.33ポイント上昇した。薬学部が6年制に移行後、合格率は低下傾向にあったが、ようやく歯止めがかかった。新卒の合格率は72.65%に対し、既卒は53.12%にとどまる。両者の差は前回(30.64ポイント)から縮小し、19.53ポイントだった。男女別にみると、男性が60.04%、女性が65.29%。薬学部が6年制になり、最初の卒業生が国家試験を受験した2012年の合格率は88.31%、それ以降、2013年は79.1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事