m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>「10倍希釈忘れ」防止、新製剤を企業に要望

「10倍希釈忘れ」防止、新製剤を企業に要望

産科医療補償制度、第5回「再発防止に関する報告書」

2015年3月28日 橋本佳子(m3.com編集長)


産科医療補償制度の再発防止委員会委員長の池ノ上克氏。産科医療補償制度の再発防止委員会は3月27日に記者会見を開き、第5回の「再発防止に関する報告書」を公表、新生児蘇生に用いられるアドレナリンについて、日本では0.1%製剤しか市販されていないため、今後、0.01%のプレフィルドシリンジを発売するよう、製薬企業に対して要望した。同制度で補償した脳性麻痺事例を原因分析した結果、新生児蘇生の際にアドレナリン投与された27件のうち、「日本版新生児蘇生法(NCPR)ガイドライン2010」において推奨されてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事