m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>理研新理事長、社会の結びつきを重視

理研新理事長、社会の結びつきを重視

「科学コミュニティ全体は沈下」

2015年4月2日 池田宏之(m3.com編集部)


4月1日から理化学研究所の新しい理事長に就任した松本紘氏が同日、都内で会見した。STAP細胞の論文問題に揺れた日本の科学界について、「日本の科学コミュニティ全体は沈下した」との認識を示した上で、理研において、自由な研究風土を保つと同時に、社会的な結びつきを重視した研究体制を作る意向を示した。新しく理化学研究所の理事長に就任した松本紘氏。理研は4月から国立研究開発法人となったことを受けて、松本理事長は、激しい国際競争の中で、「十分な成果が出るように、一流の研究機関として仕上げる」と意気込みを見せた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事