m3.com トップ>医療維新>オピニオン>高齢者の薬物療法案 とてもいい提言です!

高齢者の薬物療法案 とてもいい提言です!

2015年4月6日 中村幸嗣(危機管理専門血液内科医)


日本老年医学会から「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015案」が作成されました。その中で「ストップとスタート」というある意味思いきった提言がなされています。例の抗精神薬、抗うつ薬、睡眠薬はまさにストップ(漫然と出すのはやめようという薬の代表)で、ステロイド、インシュリン、糖尿病薬(あのSGLT−2)、胃薬のH2ブロッカー、過活動膀胱薬、降圧薬の一部、抗血小板薬等もストップにあげられています。概して副作用が出やすい薬ですね。そしてスタート(できれば積極的に使用しよう)には、インフル...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事