m3.com トップ>医療維新>レポート|STAP論文...>政治や特許の謎が残ったSTAP問題

政治や特許の謎が残ったSTAP問題

謎残し、真相究明遠いまま、幕引き

2015年4月10日 池田宏之(m3.com編集部)


世間を大きく騒がせたSTAP細胞の問題。4月で退任した野依良治理事長は「全容を解明できた」としたが、肝心のES細胞の混入した人物が特定できないままだっただけでなく、政治に翻弄される科学の姿が見え隠れしたり、特許や広報についての不明な点が残り、今後日本の研究の在り方を考えるための材料が十分に集められないまま、幕引きとなった(『STAP問題、最大責任は「現場の研究者」と野依理事長』を参照)。“真相究明”に後ろ向きな理研一番の謎は、ES細胞の混入について、極めて高い可能性が示唆されたにも関わらず、混入...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事