m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>「健康社会宣言 2015 関西」提言、医学会総会閉会

「健康社会宣言 2015 関西」提言、医学会総会閉会

「医療者だけで健康守れない」と井村会頭

2015年4月14日 池田宏之(m3.com編集部)


「日本医学会総会2015関西」は4月13日に、5つのアクションプランを盛り込んだ、「健康社会宣言2015関西」を提言して閉会した。井村裕夫会頭(京都大学名誉教授)は、2011年の東日本大震災影響で、実質的に8年ぶりの開催となった総会について、「全て大変成功した」との認識を示した上で、市民が参加できるプログラムが多い総会となった意義について、「医療提供者だけで健康を守れない時代」と述べ、今後も議論が続くことに期待を込めた。次回の医学会総会は、2019年4月に名古屋市内で開かれる。会頭は、国立病院機...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事