m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>「医療技術は神業、正しい倫理を」、稲盛和夫氏

「医療技術は神業、正しい倫理を」、稲盛和夫氏

閉会講演、「利他の精神」を強調

2015年4月14日 池田宏之(m3.com編集部)


日本医学会総会の閉幕式の閉会講演で、京セラや第二電電(KDDI)の創業者の稲森和夫氏が、「医学と倫理―利他の心で世のため人のために尽くす」と題して講演した。稲森氏は、現代の医学の最先端技術について、「神業」と表現した上で、医療者が高い倫理観を持ち合わせていないと「取り返しがつかなくなる」と警告。自身の経営者としてエピソードを披露しながら「利他の精神」を持って、臨む重要性を強調した。京セラの創業者の稲森和夫氏は、自身の経営体験を交えながら、「利他の精神」を説いた。稲盛氏は、ヒポクラテスの誓いや「医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事