m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>高久会長、「産官学+民」で社会ニーズに対応

高久会長、「産官学+民」で社会ニーズに対応

会長講演、研究の遅れを懸念、倫理問題にも言及

2015年4月14日 橋本佳子(m3.com編集長)


第29回日本医学会総会の4月11日の開会式で、日本医学会会長の高久史麿氏は、「わが国の医学研究の方向性」をテーマに講演、社会のニーズに応える研究を進めるためには、「産官学」だけでなく、「民」を加えた体制で取り組むべきと提言した。日本医学会長の高久史麿氏。高久氏が言及したのは、米国のオバマ大統領が、今年1月の一般教書演説の中で表明した「PrecisionMedicineInitiative」。ゲノムコホート研究などを行い、個別化医療の研究や実践などを想定している。100万人のボランティアを募り、取...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事