m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>「患者宅に置き去り実習」でも教育効果

「患者宅に置き去り実習」でも教育効果

企画「医学教育のもう一つの主役:地域医療機関との連携」

2015年4月15日 成相通子(m3.com編集部)


第29回日本医学会総会学術講演で、「医学教育のもう一つの主役:地域医療機関との連携」と題する企画が4月12日開催され、地域の医療機関での医学生や研修医の受け入れの取り組み例が報告された。学外における参加型診療実習では、質の確保が問題になっているが、パネリストの吉村学氏(地域医療振興協会・揖斐郡北西部地域医療センター長)は「往診のついでに患者宅に学生を1時間ほど置き去りにするだけでも、教育効果がある」と話し、地域の医療機関での実習のメリットを指摘した。パネリストは吉村氏のほか、日本医師会副会長の今...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事