m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>信頼ある院内調査、外部委員が参画を

信頼ある院内調査、外部委員が参画を

特別企画「医療や健康の安全文化にむけて」

2015年4月18日 橋本佳子(m3.com編集長)


第29回日本医学会総会の4月12日の特別企画「皆でつくる健康社会―医療や健康の安全文化にむけて」で、4人の演者のうち、2人が医療事故調査をテーマに講演した。共通していたのは、精度高く信頼性のある院内調査を行うために院外委員を加える必要性や、遺族の疑問に答えたり、調査結果についての説明を尽くす重要性だ。2人とは、名古屋大学医学部附属病院医療の質・安全管理部教授の長尾能雅氏と、国立病院機構福岡東医療センター院長の上野道雄氏。長尾氏は、院内調査への外部委員の参加は必須ではないとしたものの、「過去の経験...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事