m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|日本医学会総...>「若い人と前進したい」、103歳の日野原氏語る

「若い人と前進したい」、103歳の日野原氏語る

記念講演「日本における高齢化と真の健康社会」

2015年4月15日 橋本佳子(m3.com編集長)


「私の元気の源は、若い人とともに、前進したいという思い。前進、前進、前進また前進」103歳とは思えない、張りのある声で「前進」という言葉を繰り返し、記念講演を終えた日野原重明氏。4月13日の第29回日本医学会総会の閉会式に多数集まった、医師、医療者、一般市民の満場の拍手につつまれ、舞台を後にした。日野原氏の講演のテーマは、「日本における高齢化と真の健康社会」。椅子が用意されていたにもかかわらず、立ったままで、パワーポイントを使いながら、30分強にわたる講演を続けた。日野原氏は、超高齢社会における...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事