m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>聖マリ、20人が指定医取消、精神保健指定医

聖マリ、20人が指定医取消、精神保健指定医

厚労省、全精神保健指定医調査の方針

2015年4月16日 池田宏之(m3.com編集部)


聖マリアンナ医科大学病院(神奈川県川崎市)の精神保険指定医の申請症例で不正が見つかり、厚生労働省は4月15日、医道審議会医師分科会精神保健指定医資格分科会の答申を受けて、同大学在籍時に症例を申請した11人と指導医9人、計20人について、指定の取り消しを決めた(『聖マリ、指定医の不正資格申請が常態化か』を参照)。発効は4月17日。不正な症例を理由とした精神保健指定医の取り消しは、初めてとみられる。厚労省は、一度に20人の取り消しとなった事態について、「想定していなかった。あってはならないこと」との...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事