m3.com トップ>医療維新>レポート|精神保健指定...>聖マリ、指定医の不正資格申請が常態化か

聖マリ、指定医の不正資格申請が常態化か

20人の資格取消、調査結果踏まえ処分検討

2015年4月16日 成相通子(m3.com編集部)


聖マリアンナ医科大学病院は、同大の勤務医が提出した精神保健指定医資格の申請書類に不正行為があり、厚生労働省が指定医11人とその指導医9人の計20人の資格取消を決めたのを受け、4月15日夜に記者会見した(『聖マリ、20人が指定医取消、精神保健指定医』を参照)。同病院では、申請に使う症例を使い回している実態があり、学内の調査委員会委員長を務めた同大副理事長の青木治人氏は、会見の冒頭で「精神保健行政の根幹を揺るがす不祥事で、国民の信頼を裏切った。弁解の余地もない」と陳謝した。精神保健指定医の配置で算定...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事