m3.com トップ>医療維新>レポート|大学・医学教...>大学病院外来は平均1872人、紹介率80%と高率

大学病院外来は平均1872人、紹介率80%と高率

全国医学部長病院長会議の調査、機能分化進む

2015年4月17日 橋本佳子(m3.com編集長)


DPCに関するワーキンググループ座長の小山信彌氏全国医学部長病院長会議は4月16日の記者会見で、「選定療養費と外来患者数についての調査結果」を公表、その結果を踏まえ、DPCに関するワーキンググループ座長の小山信彌氏(東邦大学医学部特任教授)は、「大学病院の外来患者数は減少傾向にある。安易な受診が抑制されてきている」と説明し、紹介率と逆紹介率ともに上昇していることからも、特に2010年度以降の診療報酬改定で推し進める外来の機能分化の成果が表れているとの認識を示した。調査は、全国の80の大学病院本院...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事